ファミリー向け賃貸マンションのメリット

周辺に遊べる広場や公園がある

賃貸マンションには単身者向けとファミリー層向けの2つがあります。ファミリー層向けの賃貸マンションのメリットは、周辺に遊べる広場や公園などが設けられているケースが多いことです。そのため、自宅の近くを散歩したり、ゆっくりと過ごしたりできるでしょう。特に、子供がいる世帯は、賃貸マンションの周辺に広場や公園があれば、遠くまで移動しなくても遊ぶ場所があるので便利です。また、自宅から近いということは防犯面でもメリットがあるため、安心して子供を遊ばせられます。ただ、色々な人が利用するスペースなので、都合の良いように使用できるわけではありませんし、土日や祝日などは利用者が増える分、混雑することは頭に入れておきましょう。

ベランダやバルコニーが広い

ファミリー層向けの賃貸マンションは、ベランダやバルコニーが広い点もメリットです。単身者向けの賃貸マンションは、1人や2人など少ない人数が住むことを想定しているので、部屋数が多かったり、広かったりするわけではないです。しかし、ファミリー層向けの賃貸マンションは、複数人で生活することを想定して設計されているため、単身者向けの賃貸マンションより部屋数が多く、広いです。ベランダやバルコニーのスペースも広いので、晴れた日に洗濯物や布団などを干しやすいです。一度にたくさんの洗濯物や布団を干すことができれば、家事の時間を短縮可能となり、他の物事に充てられる時間を増やせることもベランダやバルコニーが広いことによるメリットです。