ファミリー向け賃貸戸建てのデメリット

戸建ては庭の手入れが大変

ファミリー向け賃貸を探している方の中には、戸建てを検討している人も多いと思います。ファミリー向け賃貸としておすすめの戸建てですが、メリットばかりではありません。いくつかデメリットもあるので、借りる前にその点についてよく知っておいた方が良いでしょう。ファミリー向け賃貸戸建てのデメリットとしてまず挙げられるのが、マンションと違ってすべて自分達でやらなければならないという点です。雪が多い地域なら、毎朝の雪かきなどの作業もしなければなりません。広い庭があれば、子供を遊ばせることができるのでメリットばかりのように見えますが、草むしりなどの仕事が増えますし、庭に木が立っていれば落ち葉の掃除などもしなければなりません。

賃貸マンションに比べて安全性に不安も

賃貸マンションと比べてデメリットと言えるのが、安全性についてです。1階の部屋だけでなく2階の部屋であっても、近くの塀などを伝って不審者に侵入されるリスクがあります。門や塀があっても、高さによっては安易に敷地内に侵入されてしまいます。また、玄関を出てすぐ道路という作りの場合、子供が勝手に外に出てしまい、道路に飛び出してしまうといったリスクも考えられます。ファミリー向け賃貸戸建てにはこうしたデメリットもあるため、借りる場合は賃貸マンションも選択肢に入れてみたり、どうしても戸建てにこだわる場合は、庭の手入れなどに手間がかからず、できるだけ安全性の高いファミリー向け賃貸一戸建てを選ぶようにすると良いでしょう。